かさぎ歯科
千葉県松戸市新松戸 3-6 とくいずみビル3F
託児施設のある歯医者さん。
インプラント

1.義歯には大きく分けて3種類
2.特徴は自分の歯に近い義歯
3.固定処置は歯を抜く感じ…
4.通う回数は3回
5.アフターケアもシンプル
6.自身に向いているのか?

1.まず義歯には大きく分けて3種類あります
[入れ歯]
歯の無くなった場所を、床とバネで支えるタイプです。残っているご自身の 歯を痛めにくい 反面、 なじみにくい 点や 装着感が悪い ところに難点があります。

[ブリッジ]
歯の無くなった場所を、両サイドのご自身の歯を土台にして橋渡しすることで支えるタイプです。 なじみやすい 点や 装着感が良い 反面、土台になる 歯を痛めやすい ところに難点があります。

[インプラント]
歯の無くなった場所を、あごへ固定したインプラントで支えるタイプです。残っているご自身の 歯を痛めない 点、 なじみやすい 点、そして 装着感が良い 点で優れています。 保険が効かない ところに難点があります。

2.インプラントの特徴は自分の歯に近い義歯ということです
インプラントはあごの骨に固定されますので、噛んだ感覚が骨に伝わり、ご自身の歯と同じような感覚で噛むことが出来ます。
また、グラついたりするわずらわしさもありませんし、見た目もご自身の歯が戻ったような感じになります。

3.インプラントを固定する処置は、歯を抜く感じと変わりません
インプラントを固定する処置は、特別痛いことはありません。患者さんが感じる感覚も歯を抜く時と同じ程度ですので、麻酔さえ効いていれば通常痛みはありません。歯を抜く逆の処置だと思って下さい。

4.治療のために通う回数は、大きく分けて3回です
インプラントの固定処置には特別なご用意は必要ありません。
1回目の 固定処置 も親知らずを抜く程度の所要時間です。
2回目は、インプラントが固定されるまで2〜3ヶ月ほど待って頂いた後に行う 型採りの工程 になります。
そして、3回目には 上物 が入ります。

5.アフターケアもシンプルです
インプラントは虫歯にはなりませんが歯槽膿漏にはかかります。したがって、インプラントの周囲もご自身の歯と同じ要領でブラッシングをして頂く必要があります。
3 ヶ月〜半年に 1 回程度の定期的なメンテナンスを受けて、インプラントはもちろん、ご自身の歯も長く持たせるようにしましょう。

6.まずはご自身がどの程度インプラントに向いているのか調べてみましょう
インプラントを成功させるためには、なるべく 長くて太い インプラントを固定することです。
しかし、土台となる骨の厚みも幅も人それぞれですし、場所によっても異なります。
まずはインプラントにどの程度向いているのか、そしてどの程度リスクがあるのか、しっかりと診査した上で、インプラントの計画を立てる必要があります。
ご自身にとってのインプラントの可能性を知りたい方は、まずは インプラントの診査 を受けてみましょう。
その上でその方にあったインプラントの方法をご提案しておりますので、興味のある方はご相談下さい。


虫歯治療
口腔外科
小児歯科
予防審美
インプラント
病理検査
入れ歯


ごあいさつ
診療内容
施設設備
診療機器
衛生機器
キッズルーム
院長・スタッフ


<< かさぎ歯科TOPへ

© 2008 かさぎ歯科